MENU

高く売れる旧車・名車・絶版車

新型モデルと同じくらいの人気を持つ古いモデル、最近では旧車などといわれて注目されていますが、こういったバイクの中でも特に人気が高いのが80年代後半に販売されていた400ccクラスのオートバイです。

 

ホンダならCBX400F、ヤマハであればXJ400D、スズキですとGSX400F、カワサキですとZ400FXという空冷式の直列4気筒エンジンを搭載したものが結構人気です。

 

これらのバイクは当時、大型免許が一発試験でしか取れなった時代においての誰もが乗れるバイクの一番大きなものとなるバイクで、販売上のメインとなるバイクでした。

 

当時の若者たちはこぞってこれらのバイクに乗っていたのですが、特に直列4気筒エンジンは集合管を付けた時の音がいいので、正統派ライダーだけでなく、暴走族に人気がありました。

 

現在の旧車が人気となっているのは、実はこういったバイクとして注目されていることによるもので、更に昔の古いバイクであれば、安く手に入る、もし壊れてもいたくないといったことから現在の旧車人気がスタートしたのです。

 

もちろん古いバイクを大事に乗り続けている人もたくさんいますが、この時代のバイクを好む人は当時の暴走族のイメージで乗っている方が多いのは間違ってないと思います。

 

これらのバイクは需要が高く、思ったよりも高く売ることができます。思ったよりもといってもこういった旧車ブームなどがなかったとしたら単なる鉄くずでしかないバイクですので、高いといってもそれなりです。

 

高くなるのはそれよりももっと前のモデルたちです。CB750Fourとかゼッツー、ダブワン、ケッチといったもうほとんど台数がなく、需要だけでなく希少価値までついてしまうようなバイクはとにかく高くなります。