MENU

バイクの下取りと買取

自動車の世界では、下取りはディーラーで行うもの、買取は買取店や中古車販売店で行うものということになります。

 

しかし、オートバイの世界では、自動車ディーラーのような形態の販売網はなく、店舗それぞれが完全に独立しており、その店舗の一つの方向性として、ホンダだけを扱うとか、ヤマハだけを扱うといった専門的な販売店という形をとっています。

 

だからといってホンダの専門店に行ってスズキのバイクが買えないかというとそうではなく、ちゃんと仕入れて売ってくれるので、オートバイの販売店はいわゆる趣向性が強いだけということになります。

 

ですので、オートバイの場合は下取りといってもオートバイメーカーの意向があるわけではなく、販売を目的とした店舗で売却することといった意味にとなり、更に新しいオートバイを買う時に同時に売却するという意味を持ちますので、自動車の世界でよく言う下取りとはちょっと違うものとなります。

 

一方、買取は、こちらは自動車の世界と全く同じでオートバイを買い取ってそれをオークションなり自社販売なりをして利益を上げるだけの買取店というところで売却することを言い、店舗は問わずどこでもできるといったものです。

 

自動車では下取りと買取をはっきりと分けており、対価も大きく違ってくるわけですが、オートバイの場合はいわゆる下取りも買取とそれほど変わらないものです。

 

したがって、オートバイの場合はすべてにおいて買取といってよく、そのときに現金としての対価を得るだけなのか、現金として対価を得てもすぐに新車購入の費用に充ててしまうかの違いだけで、下取りと買取を分ける形となるといったように理解するといいでしょう。