MENU

輸入バイクの査定額が安い理由

日本にもたくさんの輸入バイクが入ってきています。

 

ハーレーを筆頭にBMWやベスパ、モトグッチ、ドゥカティなど、生産国のお国柄がよく出ているため、そういった国にかぶれている人にこういった輸入バイクを購入する人が多いように思えます。

 

輸入バイクといえば、国産バイクと比べて価格が高くなるものです。

 

それもそのはず、海を渡って遠くから運んでくるのですから、国内だって宅配便で何か送った時に同じ都道府県内に送るより、遠く離れた都道府県に送れば送料がかなりかかるようになります。

 

それと同じように例えば本国で100万円で売れられているものが日本に来たとたん150万円とか倍の200万円とかいった金額で売られることも当たり前です。

 

しかし、輸入バイクは国産バイクに比べてやはり壊れやすく、それにかかる修理費用や部品代などの高くなるのでそういった意味ではあまり需要がありません。

 

自分で整備できる修理することができる、捨てるほどお金があるという方であれば何ら問題はないかと思いますが、そうでない方(ほとんどの一般庶民がそうかと思いますが)では買うのはいいが維持していくことが難しくなります。

 

そのため、中古バイク市場ではもっぱら国産バイクの需要高く、それによって輸入バイクの価値が低くなってしまいます。要するに国産バイクに比べて輸入バイクは割合的にかなり安く買い取られるということです。

 

しかし、中古の輸入バイクなどの価格を見るとそれなりに高い金額になっているので、さぞかし買取も高いのではと思ってしまいますが実はそうではありません。

 

輸入バイクはとにかく「安く買って高く売る」ということが常識となっており、売買に関わる業者ががっぽりと儲けることができるいわばカモなのです。

 

買取店からすれば輸入バイクはお金のなる木であるのですがそれが売る側のメリットとなることはないでしょう