MENU

バイクをオークション(ヤフオク)で売るデメリット

高く売る可能性がある売り方として最近よく使われるものにヤフオクにネットオークションというものがあります。

 

オークションを運営するWebサイトに写真やデータなどをアップロードして、それを見た方が競り落とすというものですが、確かに買取店よりも高く売ることができる場合もあります。

 

売る側からすれば高く売れる、そして買う側からすれば中間マージンがないことから安く買うことができるといったメリットがあるわけですが、その反面、見ず知らずの人間と高額なお金がかかわるとりひきをするということからトラブルにあう可能性があるというデメリットもあります。

 

よくあるのがWebサイト上に掲載されているバイクと実際のバイクが違うというもの。

 

バイクが違うといってもバイク自体は本当にその写真と同じバイクなのですが、中には高く売ろうとして傷やへこみを隠したり、錆が出ているところが写らないように写真を撮るということをする方がいるそうです。

 

一部では写真画像を加工してきれいに見せるということも行われているそうです。

 

こういった場合買ったはいいが、きてみたら意外とボロボロだったとか、隠れている部分が壊れていたなどということになり、修理や修復を行うのにお金がかかるといったことになってしまいます。

 

それから手続き面のトラブルも多く、名義変更のために書類を送ってくれないとか、名義変更を中々してくれないといったこともよくあるそうです。

 

それから一番大事な金銭やバイクの授受ですがこれにもトラブルがあり、お金を振り込んでくれない、土壇場になってから難癖をつけて値引きを迫る、バイクを持ってきてくれる約束で落札したのに、持ってきてくれないといったこともあるようです。

 

確かに高い金額で売ることができるかもしれませんがそれと同様にいろいろなトラブルに発展する可能性が高いのがネットオークションでの売却です。