MENU

バイクを売りたいけどローンがある場合

オートバイといっても最近のものは自動車並みの価格を持ちますのでそう簡単に現金一括で購入することも難しいでしょう。

 

そういった時に便利なのがバイクローンというもので、購入するオートバイを担保として低金利で購入資金を貸してくれるというものです。

 

しかし、ローンを使って購入したものは購入した方のものではありません。

 

では誰に物かというとバイクローンを組んだ信販会社などの持ち物です。ローンを払ってオートバイを買った方は信販会社などから借りているだけなのです。

 

お金が欲しいからといって他人から借りたものを勝手に売ってはいけませんということで基本的にはローンが残っているオートバイを売ることはできません。

 

しかし、実際には売れます、その仕組みは売却したお金でローンの残りを一気に返済し、ローンを完済。

 

完済してしまえば自分のものできますので、その状態で名義変更を行うということなのです。

 

手続き的には時系列が前後するように思えますが買取店ではそういったことをうまくやってくれます。

 

しかし、ローンの残りが50万円、売却金額30万円といったように売却金額でローンを払いきれない場合もあります。

 

こういった場合はその差額、この例では20万円を現金で払うか、そのお金を払うために残債ローンなどを新たに組んで支払えば、名義を自分のものすることができ、事実上、売却可能となるのです。

 

何か特別な理由があるのであれば仕方がありませんが自分が計画して借りたローンを払いきらないうちの売ってしまうのではなく、せめてローンが終わるまで大事に乗ってあげたいものです。