MENU

バイクの名義変更手続き

オートバイを売却するというのは単なるバイクとお金の交換ではありません。そこには必ず法的な手続きというものが伴います。

 

それが名義変更です。名義変更は売買によってその持ち主が変わることを意味するもので、法的なそのバイクの持ち主の変更を行います。

 

この手続きは何も専門の業者でなければできないというものではなく、しかるべき場所でしかるべき方法、しかるべき人間であれば個人レベルでも行えます。

 

ただこの手続きがちょっとわかりにくい部分があり、更に手続きに必要な書類や手続きを行う場所がエンジン排気量によって異なるので結構厄介です。

 

免許制度的な分け方をするとバイクは50cc以下のいわゆる原付バイクとそれ以上の二輪車に分けることになりますが、登録関連では125ccまで、126ccから250ccまで、251cc以上といった形で分けられることになります。

 

これは125ccまでは原付、原付といってもここでは50ccだけを指すのではなく、いわゆる小型二輪と呼ばれる原付二種も含めたもので管轄は市区町村になりますので、手続きはすべて市役所、区役所、町役場で行います。

 

125ccから250ccまでは二輪車の扱いとなり管轄は陸運局ということになりますが、車検制度がありませんので、必要書類などに違いが出てきます。

 

251cc以上は当然ながら二輪車扱いで管轄も陸運局となりますが車検があるため、車検に関わる書類が必要になります。

 

それと少し厄介なのが、125cc以下の登録上の原付で、これは名義変更を行うには1度、廃車手続きを行い、廃車されたものを再度新しいオーナーが登録するという手段を取りますので、いきなり名義変更手続きができません。

 

こういったように少々面倒なことをしなければなりませんが、自分でできないことはありません。

 

買取店などで売却した場合は名義を一度買取店のものにする形になります、しかしそういった手続きの代行も行ってくれるところがほとんどですで、こういったところで売却する場合は必要書類を集めるだけで済みます。